上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サン・マルタン運河 ミニピン


日曜もサン・マルタン運河のカニパーク。今夜は夕食会があるので、掃除をしたり、料理をしたりと遠征どころじゃないらしいです。

日曜は歩行者天国なのと、今日はいい天気なので、たくさんの人です。でも、カニパークはまた、ひとりぼっち。誰か来ないかと待っていたけど、誰も来ないので、帰ることにします。

帰り道にはたくさん犬にすれ違います。日向の運河を少し歩くことにします。

ブルドックと柴犬が遊んでいたので、ご挨拶をしようと思ったら、柴犬が首に噛みついて来ました。柴犬はリードをしていなかったので、柴犬の飼い主さんは自分のリードを持ち上げて、引き離そうとしました。つまり、自分は首つり状態です…。
あまりに一瞬の出来事で、とーちゃんは唖然。かーちゃんはすぐに、自分を抱っこしてくれました。

幸い、血が流れるような怪我はなかったのですが、かなりショックです。柴犬の飼い主さんもかなりパニックして恐縮してました。

そもそも、柴犬君はオスで、ブルドック君は去勢されたオス。柴犬君はブルドック君をメスだと勘違いしたのでしょうか?それとも、友達を取られるとジェラシーだったのでしょうか。
どちらにしろ、自分はかなりトラウマです。

その場をさって、日向のベンチで一休みです。おやつを貰っても、震えが止まりません。そこに、またブルドッグ君がやってきました。飼い主さんが大丈夫だった、と心配して見に来てくれたようですが、ショックから立ち直れない上に、再び思い起こさせる彼らに会うのは全然嬉しくないし、会いたくないです…。ブルドック君は何も悪くないんですけどね。

でも、ブルドック君の飼い主のおじさん、暇してるのか、とーちゃんと話し込む。
そうしてる間に、大分落ち着いて、ブルドック君とは最後は一緒に遊べるようになりました。

サン・マルタン運河 ミニピン フレンチ・ブルドッグ


なんだか、ハードな一日でした。オス犬から噛まれるなんて、成犬の仲間入りをしたということでしょうか?ちょっと大人になった気分ですが、かなり複雑です。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。