上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリの動物愛護団体の診療所


ワーテルローおじさんはワクチン接種済みなので、一年は大丈夫だと言っていたけど、ワクチン手帳がないので、やはり最初から全てやり直しです。

フランスでは3ヶ月になったら混合ワクチンを受けて、3週間後に再度接種。その後は1年に一回の接種を受けなくていは行けません。とはいっても、ワクチンをしなかったから罰されるという、接種の義務はありません。狂犬病はオプションになってます。一般的に一年目のワクチンにかかる費用は150〜250ユーロ(日本円では1万5千〜2万5千円強くらい)と言われます。

犬を捨てる理由として経済的困難という理由も挙げられています。ペットは健康保険がない為、獣医にかかる費用はワクチンを始め、怪我や病気などがあった場合には、それなりにお金がかかりますよね。でも、フランスでは動物愛護団体や獣医大学で薬などの実費だけで、診療が受けられるシステムがあります。

ワクチンは電子チップを見てもらった獣医さんに最初からやり直して下さい、と言われていましたが、一応接種済みらしいし、というわけで後回しになっていました。が、近所に愛護団体の診療所があるというので、連れて行ってもらいました。診療には予約は出来ず、午後のみ受付で、午前中は手術の時間ということ。基本的には収入の少ない人のペットにも治療を、ということなので、安く診療してもらえるなら並んで待つのは、あたりまえですよね。

診療所に入ると、犬猫でそれなりに賑わってました。受付でワクチンをしに来ました、と告げ、何をするか、と聞かれたので、事情を説明。やはり、ここでも3回捨て犬歴が公開される訳ですが、すんなりと、それでは最初のワクチンからですね、と。狂犬病はオプションで別料金です。それでも、混合ワクチンが16ユーロ、狂犬病予防が16ユーロ、そして健康手帳となるヨーロッパのパスポートの発行代が2ユーロで34ユーロ。先払いで、カード払いもOKです。パスポートの為に、登録番号が必要と言われましたが、紙を持ってこなかったと言うかーちゃん。電子チップの読み取りでこれはクリアし、後はかーちゃんのIDカードでOKです。所得の証明などはありませんでした。ゴールドカードで支払いしてるおじさんも見ました。

パスポートは任意で写真を貼ることが出来る紙の手帳です。ここに電子チップや飼い主連絡先を自分で記入するそうです。すごーい、パスポートじゃん!でも、ヨーロッパのパスポート…!?

パリの動物愛護団体の診療所 ミニピン


待合室で待つこと一時間弱。とーちゃんは他の飼い主さんと談笑。自分もマルチーズ犬とコミュニケーションを取ってみましたが、うるさい、と怒られました。猫も結構いましたが、キャリーケースに入ってるのでよく見えませんでした。

ヨーロッパの犬のパスポート ミニピン

順番が回って来て、診察台に乗っけられると、もう、まな板の鯉状態です。自分、もう、うんともすんとも言いません。ただ、早く家に帰りたいだけです…。
とーちゃんに一応、抑えられて、プチュっと一回刺されて、あっという間に終わりました。かーちゃんは、ここぞとばかりに『うちの子、痩せ過ぎじゃないですか。食欲旺盛なんですけど…』で、虫下しの処方箋が出ました。一ヶ月に1回で3ヶ月間らしいです。とーちゃんが『毎日、糞を回収してるけど、虫らしき物は見たことがないんですけど…』。いえいえ、見えなくても虫下しです。

とーちゃんとかーちゃんの初代の猫『イカちゃん』は大きくならないね〜、って虫下しを処方したら、2倍の大きさになったそうです。自分ももしかして、これから、ドーベルマンに成長するのかもしれません。

で、もう一つ『猫に引っ掻かれた傷かもしれませんが、耳に変色というかかさぶたになった部分が…』。獣医さんがブラックライトで、チェックするとティネアTeigneですって。キノコですよ。皮膚病ですよ。人間にも感染するんだって。えー、とーちゃんの前髪が上がって来ているのは、もしかして自分の皮膚病感染!?
処方箋追加で、1/2錠毎日飲む皮膚病の薬。

『痒がってはいないんですけど、猫のお腹に赤いぶつぶつができていて、変色した同じような症状かも…』で、さぶちゃんの処方箋も。でも、1/4錠!?『犬より大きいんですけど…。6kgあります。』で、獣医さん、いささかびっくりしながら、1/2に書き直し。さぶちゃん、デカ猫なんですね、やっぱり。

処方箋をたくさん貰って、診察室を出て、再度受付へ。パスポートにシールを貼ってもらって、ワクチンの登録です。3〜4週間後にまた、来なくちゃ行けないんですって。
は〜、今日は散歩に行けるんだと思って、張り切ってお出かけしたのに、ハードな社会勉強の日で、疲れました…。

診療所の側にある薬局にそのまま出向き、薬の購入です。虫下しと皮膚病の薬2匹分で53ユーロ。かーちゃん、耳を疑って聞き返してんの。ワクチンよりお薬の方が高いんですね。ま、一応、病気ですから〜。

ちなみに、今日伺った診療所はフォンダシオン・アシストンス・オザニモという動物愛護団体で、今週末は年末の養子縁組のフェアーが開催されます。ペットを飼いたい方は是非、足を運んでみて下さい。養子縁組には居住地証明+身分証明書+寄付金が必要となります。うちは行かない、ってとーちゃんが言ってますけど…。

フランスの動物愛護団体の養子縁組フェアー



動物アシスタント基金 Fondation Assistance aux Animaux
23, avenue de la république 75011
http://www.fondationassistanceauxanimaux.com/
関連記事

Comment

  • 2012/12/10 (Mon) 10:13
  • たくあん #- - URL
  • Edit
Re: 08

メッセージありがとうございます。
Tinateoさんちは大家族ですね〜。
ビュットショーモン公園で捨て猫を見たことがないですが、捨て猫も多いんですね。

  • 2012/12/10 (Mon) 00:16
  • Tinateo #- - URL
  • Edit
08

養子縁組の会で沢山の動物が新しい家族と出逢えたら良いですね。私は、二カ月前に仔猫を19区のビュットショーモンで拾いました。公園に捨てに来る人が多いそうです。合計三匹の猫と暮らしています。サブちゃんとたくあんくん早く治りますように。。(o^^o)

  • 2012/11/27 (Tue) 09:05
  • たくあん #- - URL
  • Edit
Re: 1

ミニピンって怪我が多いんですね。
毎日、サブちゃんとファイトしてるので、生傷は絶えません〜。
シュシュ、来年は病気のない年になると良いですね。

  • 2012/11/26 (Mon) 23:51
  • シュシュママ #- - URL
  • Edit
1

たくあん君痛い社会勉強しちゃいましたね(>_<)
今、日本ではペットの保険があるんですよ!
ワクチンや健康診断なんかは保険対象外なんですけどね・・・。
自己負担が50%、30%、10%ってわかれてたんですけど
10%負担がなくなっちゃいました。
保険会社が儲からないんですかね(笑)
犬種によって保険料が違うんですけど
ミニピンは怪我が多いのか保険料が高いほうです・・・。
シュシュは今年病気ばかりの年だったので
保険にはかなり助けられました(^^♪
たくあん君また次回のワクチン頑張ってきてね(*^_^*)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。