上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かーちゃんがすっかり予防注射を忘れていました…。
朝起きて、思い立ったように自分のパスポートを探すかーちゃん。一週間ばかり日付が過ぎてしまったので、かーちゃんもやり直さなくてはいけない処置ができて、ガーーーン!そして自分もたくさん注射でガーーーンです。
というわけで、今日は急遽、診療所へ、お出かけです。とはいっても、前もってどこへ行くのか自分はわかりませんからね。普段と違う時間帯にお出かけの準備をイソイソとするかーちゃんらに、とりあえず置いて行かれないようにマークするのみです。

サンマルタン運河 ミニピン たくあん


サンマルタン運河を通り、ちょっと遠出のお散歩かな、と思ったら、診療所でした。
オープンの30分前に到着したのに、15番目でした。更に建物の改装工事が行われていて、遠巻きに列を作る感じです。
前にいる女性は犬も猫も連れていないけど、と思ったら、トートバッグにネズミが入っていました。その前にはウサギを連れた人もいます。もちろん、犬猫が一番多いんですけどね。

オープンすると、広い待合室は犬と猫は別々のコーナーで待つことになったらしいです。奥の犬コーナーにいたのは小型犬がメインなので、最初は特に問題はなかったのですが、犬が増えてくると、縄張り意識というものも発生。伸び伸びリードで野放しにする飼い主さんなどもいて、自分も威嚇しなきゃいけない立場になってしまいました…。一応、診療所なので、自分は予防注射ですが、体調の悪い動物もいると思うし、自分たちもリラックスして待てるように飼い主さんもマナーをわきまえて欲しいですよね。

受付に呼ばれて戻ったら、さっき、伸び伸びリードの威嚇してきたジャックラッセル君が、犬コーナーの入口に陣取っていて、犬コーナーに戻ろうとしたら、威嚇。診療所の人が、声を聞いて飛んできて、自分たちは猫コーナーで待っていいことになりました。ケースに入った猫やネズミ、ウサギといったメンバーのコーナーは穏やかでした。

近年、獣医さんへ行くと、台に乗せられて、とーちゃんが怖い顔をして、自分を押さえつけ、さらにお尻に痛い注射をされる、という記憶があったのですが、今回は、背中の皮を引っ張られて、あっという間に終わりました。かーちゃんも、ベテラン獣医さんだ、と感動していました。今まで通っていて近所の獣医さんは、台に乗せられてからの時間が長いし、アシスタントも含めて、自分に注目して、前置きが長いし…いい先生なのかもしれませんが、フィーリングはあいません。台に乗ったら、注射はさらっとしてくれないと。だって、人間さまだって、注射をされる前は緊張するんじゃないですかねー。更に、目の前で準備に時間がかかったり、うだうだとお話しされたら、嫌な時間が長いじゃないですか〜。

というわけで、とりあえず、今日の任務は無事終了らしいです。
ちなみに、代金は混合ワクチンと狂犬病ワクチンで40ユーロ。4年前より確実に値上がりしていましたが、一般の獣医よりやはり半額くらいで済みます。

帰路の、サンマルタン運河にはあまり見ない水鳥が一羽いました。

サンマルタン運河
関連記事

Comment

  • 2016/09/21 (Wed) 08:56
  • たくあん #- - URL
  • Edit
Re: No title

注射、嫌ですよね〜。

5kgあるので、ミニピンの中ではデカピンですよ。
とーちゃんといると、小さく見えますね〜。

  • 2016/09/21 (Wed) 04:18
  • #- - URL
  • Edit
No title

お注射は、緊張しますよね、血を抜くのもいやなのに。。
たくあんちゃんは、おりこうさんですね。

たくあんちゃんは、大柄なのですか?
小さく見えるのに、お父さんが大きいからかな?

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。