上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週はかーちゃん達がパリ近郊の公共交通機関を利用できる一週間用のナビゴNAVIGOというパスを購入したので、ほぼ毎日、遠足でした。今日はパスの最終日なので、夏休み最後のハイキングです。

何度も行った馴染みのある場所なら、道を間違えることもなく、安心して楽しめるだろう、とオーヴェル=シュル=オワーズに行きます。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

週末はパリ北駅から直行便が出ているのですが、駅に着くと50分遅れの案内。かーちゃんはカメラを忘れたことに気がつき、うちに取りに戻ります。駅に戻ってきても、まだ待ち時間がたっぷりありました。この電車を利用する人というのは、大方、観光客なわけで、皆さん、かなり不安そうに待っていました。結局、50分経っても電車は来ず、1時間10分の遅れで出発です。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

というわけで、到着したのも11時半で、今日はどういうルートにしようかと、かーちゃんが歩きながら悩んでいます。
街中の観光ルートは観光客で賑わっており、グループ客も見られました。バカンスシーズンですね。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

観光ルートから外れて、やっと走れます。今日も暑くなりそうです。

教会の鐘が聞こえ、正午を告げています。
トウモロコシやカブが植えられた畑の間を通って進みます。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

そして、集落を抜けて、オワーズ川に出ます。川沿いにはジョギングをする人と何人かすれ違いました。
考えた末に、ショートカットをするというトレイルになったようですが、考え事をしていたからか、左折を通り過ぎてしまい、また来た道を戻ります。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

住宅街を抜け、ヴァルモンドワ Valmondoisの駅の踏切を越え、ショートカットコースに進みます。
ソッスロン川沿いに住宅街を歩きます。名所のパネルが見られますが、名所自身はよく見えませんでした。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

右折して森の中に入ります。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

森を抜けると、畑が広がっています。麦が刈り取られたあとで、新鮮な藁のいい匂いがします。乗馬の方が来たので、畑に入って、道を開けてあげます。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

かーちゃんの予想では、もうとっくに、いつものトレイルに合流しているはずなのですが、見覚えのない場所です。どうやら、森に入るのは違ったみたいですね。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

パリ近郊はお散歩トレイルが複雑に交差しており、どれがどれだかわかんなくなりますね。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

左折した方が近道のような気がしますが、知らない場所に出て迷うくらいなら、遠回りでも知っている道に出た方がいいのか、と、かーちゃんがまた悩み始め、 とりあえず、日陰のいい匂いのする藁の畑で、お昼ご飯にします。ただいま、午後1時半。帰りので電車は6時25分なので、時間には余裕があります。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

結局右折はせずに、遠回りと思われる直進をし、見覚えのある場所に出ます。久しぶりに来たので、見覚えがあるけど、そこがどこに位置しているのか、また考えモード。先方に見えるこんもりした林の真ん中を通るところで、雨宿りしたことがありますね。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

この十字架も見たことありますね。ここって、ネル=ラ= ヴァレ Nesles-la-Valléeの集落に降りる手前ですよね。んー、ほとんどショートカットになっていないトレイルでしたね。ま、でも、知っている道に出たので、安心です。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

集落には入らないショートカットで、ソッスロン川沿いを下り、ヴァルモンドワ駅からのショートカットで出るはずだった地点に到着です。約1時間半のロスです。毎回、トレイルを間違えるかーちゃんですが、わざと間違えてスリルを楽しんで知るのではないか、と思われるくらいです。きっとツアーガイドにはなれないでしょう。ご近所でもスリルを味わえる、ミステリーツアーだったら、可能かもしれません。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

ボッシェの森の上り坂です。雨がたくさん降ったら、川になりそうな道です。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

かーちゃんと同じで、高いところに続く道があると、登ってみたくなる症なので、道筋をいろいろ上まで駆け上がってみます。

森を抜けると、地平線の広がる畑に出ます。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

ハイカーのカップルに何組かすれ違いましたが、ここまで来ると、同じ人に2回すれ違います。皆さん、反対方向に回っているんですね、きっと。若いカップルに、可愛いわねー、何犬?と尋ねられました。ミニピンです、とかーちゃんが答えると、いつものごとく、ミニピンにしては大きいのね、と。

3時半なので、通常トレイルを進んでも、電車には間に合うのですが、炎天下になってきたので、ボワ・ル・ロワという森を抜けてオーヴェル=シュル=オワーズに戻ることにします。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

森の中は涼しくて気持ちが良いです。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

たくさん木が倒れていて、トンネルが出来ています。

ボワ・ル・ロワの中には、石切場があり、貝殻の入った地層も見られるそうです。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

今日は、たまにはオーヴェル=シュル=オワーズの観光ポイントを回ろうということになりました。

オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

オーヴェル=シュル=オワーズ城のお庭まで行ってみました。
でも、犬禁止マークがあったので、少し入っただけです。

ハイキング オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

駅前公園のゴッホさんの銅像の横の芝生で休憩です。芝生でゴロゴロやったり、穴掘りの真似事をしてみたりして、楽しみます。

電車まで時間がまだありますが、西日がきついし、日陰を探してウロウロします。同じ電車を待つ観光客が、みんなウロウロして時間をつぶしています。小さな街なので、観光ポイントを全部押さえても、帰りので電車まで、みんな時間を持て余すようです。
カフェ兼レストランが何軒かありますが、日陰は満席。駅裏のオワーズ川をまた、見に行き、駅裏のスナックも見ましたが、日陰席はありませんでした。

オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

というわけで、駅前のモロッコレストランのテラスでかーちゃんはビールをいただきます。そして、自分は、お水をもらい、日陰をさがして、シエスタです。帰りの電車は遅れませんように〜。

オーヴェル=シュル=オワーズ auvers-sur-oise

帰りの電車は10分遅れでした。今朝に比べれば、10分なんてたいしたことないですね。

オーヴェル=シュル=オワーズ 観光局 Auvers-sur-oise
http://www.auvers-sur-oise.com/
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。