上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カダケスは元々は小さな漁村だったそうです。村が他の町から断絶していた地形のため、ポルリガートで晩年を過ごしたダリを始め、ピカソ、ミロ、デュシャンなどのアーチストが魅了されたとのこと。
今日では、バルセロナなどから週末を過ごしに多くの人が集まる、バカンスの地。白い家が積み重なるように海岸沿いに広がる綺麗な町です。

カダケス Cadaqués

旧市街は入り組んでいて、迷路のようです。

カダケス Cadaqués

猫が至る所にいます。

カダケス Cadaqués

サンタマリア教会 Església de Santa Mariaまで登ると、町のオレンジの屋根の白い家と青い海が、いかにも地中海という眺めです。

カダケス Cadaqués

海賊・赤髯バルバロス・ハイレッディンに焼き払われたというサンタマリア教会。
今日見られるのは、漁師らが休日返上で漁に出たお金で16〜17世紀に建造されたものです。スペイン内戦に、村人が壁を作って守ったと言われる高さ23mのバロック調の祭壇も見ものです。

カダケス Cadaqués サンタマリア教会 Església de Santa Maria

教会の前にフラメンコギターを奏でるお兄さんがいて、記念写真撮りました。

カダケス Cadaqués

サンタマリア教会まで上ったら、下ります。

カダケス Cadaqués


海岸に下りると、サンタマリア教会が町を見下ろすように見守っているのがわかります。

カダケス Cadaqués

まだ日向は暑いので、日陰が気持ちが良いです。

カダケス Cadaqués

港を歩いていると、4匹団子状になったダックスフンドさんたち。
通りの骨董商のオーナーのようでした。

カダケス Cadaqués

カダケス Cadaqués

ミニピンにも会いましたよ。

カダケス Cadaqués

かーちゃんは外国に行く時には、バスに乗れるのか、など犬のルールの下調べをするのですが、スペインのバスでは犬は荷物置き場に、というのを見たらしく、今回の行程ではバスは利用しないことにしました。いろいろ心配していましたが、来てみたら、コスタ・ブラバは犬が多いところです。年配の方が小型犬を多頭飼いして、避暑地に来ている、というムードです。

カダケス Cadaqués 
お金持ちの別荘といった感じの建物もあります。1913-15年に建てられたモダン様式のCasa Serinyana。

カダケス Cadaqués Casa Serinyana

カダケス Cadaqués

カダケス Cadaqués


人口2000人の小さな町なので、あっという間に一周できて、我が家のような健脚ファミリーは同じ道を何度もグルグルと。迷路みたいなので、しょうがないのですが。でも、刻々と変わる日の当たり具合で違う景色に見えたり、のんびり散策したい町かもしれません。

カダケス Cadaqués

惣菜屋さんで買い出しをして、ホテルに帰ります。って、もう10時ですよー。

カダケス Cadaqués

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。