上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アングストリンヌの村営キャンプ場は受付に誰もいませんでした。
ハイシーズンのオープン時間という表記はあるものの、人気はなく、緊急時の連絡先というのが貼られています。緊急時じゃないので、普通の電話に電話してみたら、留守電。きっと、役場の電話なのでしょう。今日は土曜なので、月曜までは誰も出ないのかと。

近所の人に聞いてみたら、下の方の空いている場所に適当に設営したら良い、とのこと。明日の朝まで管理人は来ないとか。

サニタリー棟が2つ、休憩室が一つ、バーベキューコンロがいくつかあります。
キャンピングトレーラーばかりで、テントはほとんどありません。
価格表を見ると、キャンピングトレーラーの敷地を年間契約すると1800ユーロ。みなさん、別荘として利用しているようで、敷地の80%は埋まっているのに、あまり人がいません。
とりあえず、設営。

アングストリンヌ ANGOUSTRINE キャンプ場

そして、村を散策。

アングストリンヌ ANGOUSTRINE


教会の前にある何でも屋さん的食料品店がありますが、品数が少なく、高価です。とーちゃんが、マトマルに石鹸を忘れてきてしまったので、石鹸を買わなくてはいけませんが、あまりに高いのでやめました。
とりあえず、冷えたビール。スペインのエストレージャです。これも、小さい缶で2.40ユーロもします。

アングストリンヌ ANGOUSTRINE ミニピン たくあん


高台に登って、青空を仰いで飲むビール。そして、自分はもちろん、水です。

アングストリンヌ ANGOUSTRINE

かーちゃんはバスの時刻表とにらめっこ。フォン=ロムーまで往復できそうなバスがあります。カプシール地方よりバスの本数があり、アングストリンヌはペルピニャンまで行くバスが通っているという立地条件の良い場所なのです。というわけで、ここのキャンプ場を選んだそうです。

8ユーロのバスの一週間パスも購入できました。どうやら、紙のチケットで販売している運転手さんと機械のレシートで販売している人がいて、後者だと購入可能ということらしいです。でも、レシートなので、一週間保存するには財布に入れておかないと破れてしまいます。これで、バス乗り放題です。

ミニピン たくあん クラシックカー フォン=ロムー

フォン=ロムーはスキー場で有名な町らしいです。今日はクラシックカーのイベントらしく、メインストリートにたくさん展示されていました。
商店も充実しており、カルフールのスーパーマーケットもありました。これで、石鹸も購入でき、目的達成。

バスに乗って帰ります。蛇行した山道を下っていくわけですが、セルダーニュの平野のパノラマが綺麗です。天気も良いし。

セルダーニュ

キャンプ場にはたくさん犬がいます。イタグレ3びきのファミリーもいれば、後ろ隣はボーダーコリー君です。

ミニピン ボーダーコリー アングストリンヌの村営キャンプ場


斜め後ろのトイプードルちゃんちのご夫婦が親切に、テーブルと椅子を貸してくれました。

アングストリンヌの村営キャンプ場


今夜はかーちゃんのかーちゃんが送ってくれたロゴスキーのボルシチです。

ロゴスキーのボルシチ レトルト
関連記事
Theme: フランス旅行 - Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。