上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスに揺られ、ラトゥール=ドゥ=カロル・アンヴァイツグ駅からヴォーバンの防衛施設のモン・ルイへ。
バスは村々を経由しながらモン・ルイへ向かいます。
ピレネー=オリアンタル県のバスは一律一ユーロで、チケットは2時間有効です。一週間有効の8ユーロのチケットがあると書いてありますが、運転手さんに聞いたら、バスの中では買えないと。

モン・ルイ UNESCO世界遺産に登録された要塞


モン・ルイへ2008年にUNESCO世界遺産に登録された要塞が見所なのですが、小さいコミューンです。バスの乗り換えに1時間あったので、さらっと一回りで見ることができました。ついでに、かーちゃんは観光案内所に行って、バスの一週間チケットについて問い合わせ。案内所の方がバス会社に電話してくれましたが、運転手から購入という回答…。

モン・ルイ


モン・ルイはレストラン、食料品店、パン屋、お土産やさんと少し商店がありますが、生活感のない小さな観光地という感じです。
軍の敷地で入れない部分もあります。

モン・ルイ

この地域のバスの乗り換えの要なのですが、小さなバス停。
ミニバスに乗り換え、目指すはマトマル湖のキャンプ場。

マトマル湖のキャンプ場というから、マトマル村で下車したのですが、実は手前のレ・ザングルの村で降りたら、村の無料シャトルバスがあったらしいです。

マトマルの村は中心にカフェが一軒、何でも屋的な食料品店が一軒。とりあえず、カフェで一杯、食料品店で買い出しです。

ピレネー マトマル村

教会は鐘楼がむき出しのアイアンです。この構造って、雪が積もる地域で、雪が滑り落ちないので向かないような気もしますが…。

ピレネー マトマル村

今夏は山ですが、山登りは基本的にしないバカンスです。なぜなら、とーちゃんが膝が痛いそうです。ですので、マトマルからキャンプ場まで大した距離はないのですが、ザックを担いで歩くのは、とーちゃんにとっての第一試練なのです。

ピレネー マトマル村

さっきバスで通り過ぎた道を戻ります。運転手さん、途中で降ろしてくれなくてケチでした…。

無事にキャンプ場到着。

設営完了後、早速、マトマル湖へ。キャンプ場から100mくらいで湖のダムに到着です。もう少し先に進むと、湖で水遊びする家族連れ、カフェ、アスレチック、レンタルボートなどがあり、賑わってます。陽は出ているものの、結構曇ってて、水温は低めです。

たくさんの犬の吠え声が聞こえてビビっていると、犬ぞりでした。

ピレネー マトマル湖 犬ぞり

ハスキー犬かと思ったら、ハスキー犬だけではないようです。出発準備となると、リングに上がる前の選手という感じの雄叫びで、かなり盛り上がってます。

ピレネー マトマル湖 犬ぞり

選手に選出されるか、ドキドキものなんでしょうね。選ばれても、選ばれなくても叫んでいます。
選出終了、さー、雄叫びに見送られ出発です。

ピレネー マトマル湖 犬ぞり

犬ぞりをお見送った後、ホッとしてるとミニピン参上。全体短め、がっしり君です。自分、大きく見えますね〜。

ピレネー マトマル湖 ミニピン

雲が降りてきました。
ここからは、歩きたい気分のかーちゃんが一人でレ・ザングルまで行きます。カプシール地方一周のトレイルが通っているそうで、そこを歩いて行きたいそうです。帰りにはキャンプ場までシャトルバスがあるから大丈夫。で、自分は置いてきぼりなのは、買い出しもしたいからですって。

ピレネー マトマル湖
関連記事
Theme: フランス旅行 - Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。