上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また、バリケンに入れられて、試練の旅が始まりました。もちろん、バリケンからはこういう景色は見られません…。

飛行機から富山湾


羽田空港に到着したら、バリケンのまま、国内線から国際線への無料連絡バスに乗ります。

羽田空港 犬と海外へ


国際線ターミナル横の羽田空港のICQ棟に動物検疫があります。7時のアポでしたが、時間をもてあましていたので、早めてもらいました。

獣医師がマイクロチップの個体確認、そして冷たい聴診器を当てられました。後は、問診くらいです。滞在中に入院したか、食欲はあるか、とか。嘔吐や下痢をすることはなかったか、とか。そういえば、銀のさらを一袋食べたときは、下痢をしましたが…、秘密です。

この獣医師がいる時間というのが決まっており、通常は平日のみの受付です。そんなことを知らずに日曜の夜中の航空券をとってしまったかーちゃんは、前日に来るようにと言われ、困っていました。どうせ、フランスに入国するときは、早朝着なので、検査もないだろうし、あってもパスポートがあるから、出国に問題がないなら、検疫検査はいりません、とも言いました。そしたら、最終的には希望通りの日曜の夜で受付をしてもらえました。

その後、作成してもらった書類を項目ずつ確認する作業があります。入国の際に使った書類とほぼ同じなので、特別用意するものはありませんでした。
というわけで、スムーズに15分くらいで終了しました。

検査が終わると、一応、クレートに検疫済みのタグがつけられます。
クレートについた検疫済みタグ


ちなみにICQ棟の駐車場の端には芝生があるのですが、ここは歩いては行けない、と怒られました。ICQ棟とターミナルの間にある芝生は歩いても良い、と言われたのですが、なんかガス臭かったので退散。

ギリギリで慌てないように、と余裕のあるスケジュールだったので、その後の待機時間が長かったです。幸い、お天気がよいので、タクシー乗り場の端で、夕日が沈むのをみていました。

羽田空港 夕日


芝生もあるので、ここで日本最後のお散歩です。

羽田空港 チェックイン待ちのミニピン
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。