上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ バスティーユ広場


いい天気が続いて気持ちがよいパリのはずでしたが、光化学スモッグ注意報が。今週のパリは北京並みのスモッグらしいです。そんな対策として、パリのレンタル自転車ヴェリブ、レンタカーのオートリブ、そして、イル=ド=フランス地域圏の公共交通が金曜から日曜まで無料で開放されています。

早速、かーちゃんは金曜日の夜は、普段は歩いて行くのに、地下鉄に乗って買い物に行ったり。そうです、通常、自動車で移動している人が無料だからといって公共交通を急に利用するかというと、そういう訳にもいかないようです。反対に、普段利用しない人の乗車によって、通常より公共交通が込み合ったり。さらにすでに、定期券を持っている人は学校休暇や週末は全ゾーン乗り放題なので、通常と異なる動きが見られたのかどうか?
というわけで、この無料開放が直接的にスモッグ減少に繋がるようには思えませんが、乗り放題は話題になっているので、環境汚染に対する意識の高まりには繋がるのかもしれません。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。