上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスのクリスマスはお昼から夜中までといった長時間をかけて御馳走を食べます。食前酒に始まり、フォアグラ、生ガキ、スモークサーモン、キャビア、ホタテのグラタン、オマールなどを前菜に食し、メインにホロホロチョウや七面鳥の丸焼き、デザートにビュッシュ・ド・ノエル、そしてみかんやナッツで繋いで、チョコレート…。通常食べない物が食べない量でオンパレードするので、かなり過酷です。ですから、食べながら、小休憩を挟んで、徐々に消化を促して進めると行ったところです。

食べきれないなら、そんなに無理してたくさん用意する必要もないのでは、というところですが、年に一度のお祭りですから、それなりに豪華に祝いたいものなのです。さらに、この時期に定番メニューをフランス全土の皆さんが食べる訳ですから、品切れがあったり、価格競争が行われたり、とお買い物も大変です。

今年はおうちでささやかなパーティをしたので、御馳走です。

とーちゃんはシャポン(去勢した雄鶏)にもち米と野菜のピラフを詰めて、ローストの準備をしています。

クリスマス シャポン


というわけで、食前酒の後は、甘いワイン、ソーテルヌでフォアグラをトーストしたイチジク入りのパンに塗って食べます。
トーストが終わったオーブンにホタテが入り、続いて、とーちゃんのホタテのオーブン焼き。

クリスマスパーティー フォアグラ ホタテ


ホタテが出たので、オーブンにはシャポンが入ります。焼き時間は2時間ぐらいです。
その間、かーちゃんが焼いたブリヌイにスモークサーモンいやスモーク鱒、エビ、鱒やエビの卵を食べます。
すでにお腹は一杯に近いので、この辺りで、『来年は○○を控えよう』などと食した物の量などへの後悔が頭をよぎったりします。

チーン、シャポンが焼き上がりました。3kgあるので、大きいよ。

クリスマスパーティー シャポンをカット たくあん

とーちゃんが胸肉をカットしてサーブ。残念ながら、詰め物のもち米は水分が足りなかったようで、煮えていませんでした。でも、シャポンはおいしいよ。

クリスマスパーティー シャポンをカット


シャポンが出て来たのは、すでに1時だったので、続くデザートは朝の2時です。
かーちゃんが凝りに凝ったたくあんデコのビュッシュ・ド・ノエルです。シャンパンと一緒に食べます。

ビュッシュ・ド・ノエル ミニピン たくあん


切り分けると、中にはバナナが入っています。

ビュッシュ・ド・ノエル


と言う感じで、20時に始まって、デザートが終わったのは2時半。約6時間半のクリスマスディナーでした。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。