上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トロント・ミリオン・ダミ 30 millions d'amis


かーちゃんがお気に入りに入れているフランスのサイトに『スゴンド・ションス(2度目のチャンス)』というのがあります。所謂、動物の養子縁組のサイトで、犬は勿論、猫、鳥、は虫類など様々なカテゴリーがあり、大きさや性別、年齢、所在地を選択して検索できるとても便利なサイトらしいです。

個人は勿論、動物愛護団体SPAや他のNPOからの登録もあるので、登録されている動物はたくさんいます。フランスには大小規模は諸々ですが、たくさんの動物愛護NPOがあります。

お気に入りには、テレビ番組や雑誌(獣医に行けば必ず購読している)もある『トロント・ミリオン・ダミ(三千万匹の友達)』基金や『ダルメシアン・ソン・ファミーユ(家族のいないダルマシアン)』も入っています。後者ではホストファミリーも募集していて、保護されたダルメシアンを一時的に預かり、掲示板でその毎日を綴ったりもしています。それを読みながらため息をついていたかーちゃん。最近は違う色のため息をついてませんか、ねー?

そんなサイトを暇あれば、見ていたかーちゃん。本命は実家で買っているハスキー犬だけど、近年、ダルマシアン、ポデンコも気になっていました。中型犬ばかりじゃないですか〜。勿論、ポデンコを専門とするNPOもあります、あと、バセンジーも好きらしいです。ただ、運動量が必要な中型犬は今のアパートでは不幸な結果を招きかねないので、やはり子猫かしら、飼うなら、というとこだったらしいです。

さぶちゃんは良い猫ですが、親離れが早かったのか、遊び方を知らずに、すぐに爪を出します。自分はすでに何度も引っ掻かれましたが、かーちゃん達も日常茶飯事です。まあ、そんなさぶちゃんはさぶちゃんでいいのですが、彼の連れ合いに、もう一匹猫がいても良いかな〜、と考えていたらしいです。

とりあえず、中型犬か猫にしか目が行っていなかったかーちゃんは、小型犬に対する関心が薄く、自分を雑種だと思ったらしいです…。だから、ピンシャーと言われて、いささかびっくりな様子でした。

スゴンド・ションスでは、『動物はモノではありません。飼わないで、養子縁組しましょう。』みたいなスローガンを歌っています。実際、一般の3行広告で販売される犬は、電子チップの挿入+予防接種がされていて200ユーロくらいから出回っています。しかし、養子縁組の場合もNPOによりますが、電子チップの挿入+予防接種、大人の場合は虚勢・避妊手術がされていたりして、それにかかった費用や運営費なども含め、志として、多少なりの支払いが必要です。

例えば、SPAでは犬は150ユーロ、猫は100ユーロを寄付します。さらに、身分証明書、居住地証明、給与明細の提示も必要です。ちまたのペットショップでは、血統書がない犬猫を同等の価格で扱っているので、手軽にペットを入手できるのはペットショップでしょう。只、手軽と言うのは良いのでしょうか?犬生は10〜15年、長い場合は20才まで生きる犬もいます。

当時は幼かったので、自分はいくらかで取引されたのか、どうか知るところではありません。ご縁あって、小型犬に関心のないかーちゃん達のうちに辿り着きました。自分の場合、2度目のチャンスじゃなくて、4度目のチャンスでしたけど。でも、ただで来たけど、IDカードの再発行は有料だったし、これから予防接種もあるし、怪我や病気もするかもしれません…。

ちなみに、写真は『トロント・ミリオン・ダミ』の今夏のキャンペーン。スローガンは『動物は泣きません。沈黙で苦しみます。』。



スゴンド・ションス Seconde chance
http://www.secondechance.org/


エス・ペー・ア S.P.A
http://www.spa.asso.fr/



トロント・ミリオン・ダミ 30 millions d'amis
http://www.30millionsdamis.fr


ダルメシアン・ソン・ファミーユ Dalmatien sans Famille
http://www.dalmatiensansfamille.fr/
関連記事
Theme: 動物愛護 - Genre: ペット

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。