上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は移動日です。テントを撤退して、バスに乗ります。
コート・ダルモール地方のバスは一律2ユーロです。犬は6kg以下だったらOKで、無料です。
連日、朝から晩まで外にいるので、お昼寝をする時間が中々ありません。というわけで、バスの中は仮眠タイムです。

コート・ダルモール地方のバス ブルターニュ ミニピン


ランニオン Lannionで乗り継ぎ待ちの間、町を散策。カフェで休憩したり、市場で買い物をしてピクニックです。

ブルターニュ ランニオン Lannion


小さくて可愛らしい町です。

ブルターニュ ランニオン Lannion


また、一時間くらいバスに揺られて目的地のパンポル Paimpolに到着です。駅には観光馬車もありました。

ブルターニュ パンポル Paimpol


キャンプ場は駅から南に2.5kmくらい離れています。まずは、クルッキンキャンプ場Camping de Cruckin**に向かい、チェックイン、設営。そして、お出かけです。

ブルターニュ パンポル Paimpol クルッキンキャンプ場Camping de Cruckin


キャンプ場から、ハイキングルートGR34のギベン岬を通って町に向かいます。このルートだと5kmくらい追加になります。

キャンプ場は海に隣接していますが、引き潮で海がありません。

ブルターニュ パンポル Paimpol


せっかく海に来たのに、泳ぎたい時に泳げないのは残念だとおもう人たちの為には、溜め池もあります。かなり賑わっていました。

ブルターニュ パンポル Paimpol


ギベン岬までは海沿いに、トウモロコシ畑などの横を歩きました。

パンポル Paimpol ギベン岬 ブルターニュ


松林では地面に落ちた松と同化して迷彩色になっている自分です。

パンポル Paimpol ギベン岬 ブルターニュ


先端には特に展望台とか、目印はありませんでした。遠くに海が見えます。

パンポル Paimpol ギベン岬 ブルターニュ


パンポルの町は港町です。牡蠣が特産らしいです。

パンポル Paimpol ブルターニュ


キャンプ場にも備え付けられていてビックリしたのですが、町では糞袋が配布されています。というわけで、早速ありがたく頂戴させていただきます。

パンポル Paimpol ブルターニュ


買い出しをして、キャンプ場のピクニックテーブルで夕飯です。キャンプ場はペット同伴OKなので、半数は犬同伴です。近所の若いボクサー君がずっと吠えていました。独りでお留守番なのでしょうか。


おとなりのキャンプサイトにはキャラバンの老夫婦とプードルちゃんがいました。不思議なことに、プードルちゃんはリードなしなのに、キャンプサイトから出ないのです。老夫婦が揃って食器洗いにサニタリー棟に出かけても、サイト内で座って待っていました。縄張りをしっかりと守ってるんでしょうか。

キャンプ場 犬 ブルターニュ

関連記事
Theme: フランス - Genre: 海外情報

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。