上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてのキャンプ場はジニアックの市営キャンプ場です。
フランスのキャンプ場には一応、星というのがあって、三ツ星のキャンプ場でした。
夏のバカンスは家族みんなで2〜3週間キャンプというフランスですから、大半のキャンプ場はペット同伴化です。家畜がいるファームのキャンプ場などはペットが不可です。

キャンピング ル・ムーズ Camping municipal La Meuse***


『ル・ムーズ』キャンプ場には垣根で囲まれた各100㎡のオートキャンプサイトが86箇所。うち69箇所は電源つきです。トレーラーハウスなどもあります。

サニタリー棟は一棟ですが、新しい設備で、コインランドリーもあります。
設備全体が新しく、手入れが行き届いてる感じです。
ただ、バーベキューサイト、テニスコートはあるものの、レストランやプールはありません。だから、ハイシーズンでもいわゆるバカンス客で大騒ぎというのはないのかもしれません。

キャンピング ル・ムーズ Camping municipal La Meuse***


オフシーズンなので、ガラガラで、パラボラアンテナまで持って来たキャンピングカーの定年夫婦などが主でした。犬も結構いました。
キャンプというより、そこで生活している、って感じです。

ちなみにお値段の方は、
オートキャンプサイト : 9,30 €
大人及び7才以上の子ども : 2,25 €
7才未満の子ども : 1.75 €
2才未満の子ども : 無料
ペット : 1.70 €
電源 : 2.60 €

ペットは7歳未満の子どもくらいに値するようです。
でも、受付のおじさんは犬の分はおまけしておくよ、ということでした。
おじさんがどこでも好きな場所を選んでくれ、と言ってくれました。
おすすめは25番で、ピクニックテーブルを出してあるから、見て来て気に入ったら、ということで、そこに決めました。裏側が子どもの遊戯スペースになっていて、サイト自身半分は石ころのスペースにベンチがありました。それでも、テントを張っても、十分過ぎるくらいのスペースだったので、ちょうど良かったです。

キャンピング ル・ムーズ Camping municipal La Meuse***


空調付きのトレーラーハウスは2名で一泊66ユーロ〜。ハイシーズンは一週間510ユーロです。

パリの狭いアパート暮らしをしていると、100㎡の広々としたスペースはかなり居心地がよかったです。こういうとこと、連泊するってのも、次のバカンスにはいいかもしれません。

キャンピング ル・ムーズ Camping municipal La Meuse***
route d'Aniane, 34150 GIGNAC
http://www.campinglameuse.fr/
関連記事
Theme: フランス - Genre: 海外情報

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。