バスに乗って、着いたのはバニュルス=シュル=メールという町です。かーちゃんの最初の計画では今日はここまで歩く予定でした。歩かなかったけど、電車に乗って、昼寝して、待ちくたびれてノンビリする、そんな日もありですね。 セルベールからバスは、ブドウ畑が広がる丘の間の蛇行した道路を走りました。真っ黒に焼けた丘もありました。焼き畑農業なのでしょうか、山火事なのでしょうか。 バニュルス=シュル=メールはGR10と...

Read More

一時間以上もあれば、歩いてとっくに到着しているセルベール Cerbèreに数分電車に乗って到着です。ただいま、フランス!昨日、上から見下ろした町です。 フランスに来たので、今度はバスで移動します。かーちゃんが調べた情報では、スペインのバスは犬は荷物置き場に、とあったので、利用しませんでしたが。利用していないので、本当かどうかわかりません。セルベールはピレネー・オリエンタル地方なので、昨夏も利用したどこまで...

Read More

今日は最終日です。とーちゃんがは持ち直しましたが、やはり歩いて帰るのは中止となり、朝はのんびりします。今回、たくさん海を見ましたが、かーちゃんはタイミングを逃し、まだ泳いでなかったので、ビーチへ行きます。 町のメインビーチですが、朝も9時前だと、人も少なく静かです。一応、犬禁止なので、水攻めは逃れることができました。 まだ涼しいし、水が冷たいと、かーちゃんは早々に上がってきました。 とーちゃんが心...

Read More

明日は、歩いて国境越えの予定だったそうですが、とーちゃん不調じゃ、越えられないかもしれない、とかーちゃん下見に越えにお出かけ。観光局で、観光スポットの書かれた地図を入手し、何分で越えられるのか、と聞いても、的を得た返答は得られなかったようです。 もう18時過ぎてますが、日没までには帰ってこれるでしょう、と出発です。 昼顔がたくさん生えているのを横目に、坂を登っていきます。 国境を越える検問はありませ...

Read More

無事、本日の目的地のポルトボウに着き、ホテルにチェックインもできました。ホテルは港からちょっと入ったとこでした。 シャワーとトイレが共同ですが、シェアーするのは一人部屋の一人なので、順番待ちということはありませんでした。体調不良のとーちゃんはホテルでダウンで、かーちゃんはドリンク買い出し、散策。自分もとーちゃんに付き合って、休憩したいところですが、かーちゃんに連れられて、お散歩です。 駅に近い高台...

Read More

今朝は今回の旅では珍しく、9時前に出発です。来た時と同じ道を戻るので、ルートは間違えることがありません。 犬禁止ビーチを渡り… 海岸沿いを進みます。 青い海は見ているだけでいいですよ。とーちゃん、泳がなくていいですよ。 地中海は満潮はないのでしょうか。満潮時にはトレイルが消えてしまうのでしょうか。 濡れないように考えて進みます。  昔、火山が流れ込んで、海で冷えて、トゲトゲになったんですかね。&n...

Read More

今夜のホテルはオスタル・グラン・ソル Hostal Gran Solです。カダケスの時のように、偶然に看板が見えた、ということはなく、探さなければなりません。とりあえず、駅の方だということで、駅に向かって進み、道行く人に尋ねてみます。おじさんにスペイン語で尋ねてみると、スペイン語はわからない、とフランス語で帰ってきました。フランス人観光客だったようです。何人かに尋ねて、どうにかホテルに到着です。中に入ると、いきな...

Read More

エル・ポル・デ・ラ・セルバ El Port de la Selvaのビーチで冷たいジュースを飲んで、再出発です。今日の目的地はリリャンサなのです。ビーチをぐるりと回り海岸沿いを歩きます。 海が青いです。 先端に灯台 Far de Punta s’Arenellaがあります。 なんか、人間の顔に見える岩がありました。 海岸沿いには小さなビーチがたくさんあり、別荘が立ち並んでいます。 日陰も少ないし、海岸沿いはハードですね。 とーちゃん的にはリ...

Read More

今朝は9時出発で、まずは食料の調達です。スペインでも食料品店には入れないので、入り口で待っています。柴犬君はリードもなしで、お利口に待っています。自分はリードなしでは難しく、更にリードの端にとーちゃんもかーちゃんもいないということは想像もできません…。 カダケスに来た時はGR11というトレイルで、帰路はGR92を通って戻ります。まずはカダケスの町を背に、登ります。 来る時にこのトレイルで来たなら、少しずつ近...

Read More

カダケスは元々は小さな漁村だったそうです。村が他の町から断絶していた地形のため、ポルリガートで晩年を過ごしたダリを始め、ピカソ、ミロ、デュシャンなどのアーチストが魅了されたとのこと。今日では、バルセロナなどから週末を過ごしに多くの人が集まる、バカンスの地。白い家が積み重なるように海岸沿いに広がる綺麗な町です。 旧市街は入り組んでいて、迷路のようです。 猫が至る所にいます。 サンタマリア教会 Esglési...

Read More

アパートを掃除して、荷造りをし、今朝は出発です。パリに帰るのかと思ったら、ここからがバカンス本番だそうです。さよなら、ラ・セルバ・デ・マル〜!  エル・ポール・デ・ラ・セルバの海岸を抜け、クレウス岬自然公園を歩き、目指すはカダケス。海沿いなので、アップダウンも緩やかです。 でも、出発が10時と遅かったので、炎天下を歩く感じで厳しいです。海がとても青いです。大型宝剣やアガベがたくさんあります。...

Read More

オープニングランチが終わると、次々にメンバーが帰路につき始め、少しずつ、寂しくなってきます。フロロンスさんが海に一泳ぎしに行くというので、便乗することにしました。ラ・セルバ・デ・マルから海のあるエル・ポール・デ・ラ・セルバ El Port de la Selvaまで2kmくらいあります。お店やスーパーもあるので、初日は歩いて買い出し散策に行きましたが、歩いて泳ぎに行く気力もなかったところに、車で行けるという朗報です。と...

Read More

『ラ・セルバ・デ・ラール La selva de l'art』はスペインはカタルーニャ地方のラ・セルバ・デ・マル La Selva de Marという人口200人のコミューンで、ディミトリさん・クリスティヌさん夫妻が自治体の協力を得て、企画した第一回目の国際現代アートフェスティバルです。海岸沿いのコスタ・ブラバは夏はバカンス客でにぎわい、ラ・セルバ・デ・マルにもたくさんの観光客がやってくるそうです。 20数名のアーチストが参加する第一...

Read More

カタルーニャ地方に来てから、毎日が長い上に、シエスタする時間もろくにありません。というわけで、今朝はゆっくり睡眠、かと思いましたが、かーちゃんが思い立ったように身支度。朝のお散歩!?にしては、何か準備してます。出発は8時半と遅いですが、今朝を逃すと、もうタイミングがないかもしれない、と頂上を目指すことにしたようです。 静まり返った村を抜け、Cami de la Torre - Capella de Saint sebastiaという矢印に沿...

Read More

カタルーニャ地方には沢山、犬がいます。ハウンドさん、戯れると、君でかいから、手加減してくださいよ。 かーちゃんは設営が無事に終わりほっとしたのですが、アンナさんはまだ制作中。それも、まだまだ先が長そう〜。 朝ご飯を食べた中央広場のバーBar Feliç et montageに行くと、オーガナイザーであり作家のディミトリさんと作家のフロロンスさんがいました。ディミトリさんによると、この地域の名物はジン・トニックだとか。...

Read More

お腹がいっぱいになったところで、後半戦が再開です。 梯子も低くなってきたので、緊張感も薄れてきました。 午後からは、日陰になって、作業もしやすくなりました。 後は、仕上げの調整にはいるようです。 え、自分、シエスタしてちゃいけないんですか…?近所のおじさんがビールを振舞ってくれて、最後の微調整は、リラックスしてのんびりと。とはいっても、もう20時半です。日が長いって、時間がわかんなくなりますよね。パ...

Read More

あっという間にお昼ですが、スペインなのでランチは14時半開始。 場所がLes Escoles i montageとあったので、小学校の食堂かな、と思ったら廃校した校舎を改装したもののようです。  サラダとムール貝が振舞われ、かーちゃんもとーちゃんもお腹が空いていて、いっぱい食べたんですけど、そこにメインのザリガニとチキンの煮込み Pollastre amb escamarlansが来ました。デザートにアイスクリームやフロマージュ・ブラン...

Read More

朝の涼しいうちに作業に取りかかりたかったようですが、朝ご飯を食べたら、もう11時です…。 案の定、自分は番犬係なわけですが、アパートの鍵を閉めないくらい長閑な村ですので、何の番をすることもなく、花に囲まれたお庭でお昼寝です。 別にとーちゃんばかりが働いていたわけではないのですが、とーちゃんがかーちゃんの写真を撮ってあげていないので、働き者のとーちゃんのイメージです。一応、かーちゃんがメインで、とーち...

Read More

昨夜はイワシのバーベキューパーティーがあり、遅くまで(始まったのも22時くらい)酒盛りだったのですが、かーちゃんは早々にお疲れモードになってくれたので、自分もアパートでやっと休息が取れることになりました。いつものことながら、遠征はハードです。ラ・セルバ・デ・マル La salva de marはスペインはカタルーニャ地方の人口180人の小さなコミューンです。とーちゃんが朝食は広場でのバーBar Feliç et montageで9時のはず...

Read More

夜行電車に揺られること11時間、目が覚めるとそこは夏でした。到着したのはスペインの地中海岸で最北東の国境のコミューン、ポルトボウです。手前のフランス最後の駅、セルベールで警察官が乗車してきて、パスポートチェックがありました。その瞬間、かーちゃんは自分のパスポートを忘れたことに気がついたのですが、提示は必要ありませんでした。長い階段を下ると、市場が立っていました。まず、高台まで登ります。ポルトボウがど...

Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。