8月中旬を過ぎると、夏季休業していたお店もオープンし始め、日に日に人出が増えています。来週からは新学期なので、夏休みムード最後の日曜日です。今日はとても良い天気で真夏日です。今日の散歩は、どこに行くという目的もないのですが、とーちゃんのリクエストで久しぶりにセーヌ川を渡ることにしました。ルーブル美術館の前は年中人が多いですが、今日も賑わっています。お上りさんになって、夏休みの観光客になって気分です...

Read More

フォンペドルスでは買出しはできなかったので、いつものフォン=ロムーで下車。最後の買出しは、スーパーは空いていましたが、ちょうどお昼休み時間でパン屋さんは閉まっています。というわけで、イートインもできる惣菜屋さんでパンを調達。ついでに、惣菜も。また、バスに乗って、アングストリンヌに戻って、教会広場のベンチでランチです。カタルーニャ風イカ。イカ飯をイメージしていましたが、入っていたのは肉でした。そうい...

Read More

今日は最終日なので、テントの撤収なのですが、管理人さんがいなくて荷物も預かってもらえないので、撤収は出発前の夕方にすることにしました。バスに乗って、おととい通りかかって気になった、崖に張り付くように形成された小さな村、フォンペドルス Fontpédrouseに行きます。乗り換え客の多いモン=ルイでは、乗客が増え、満員です。最後に乗り込んだ家族連れが全員乗り切れず、最終的にカップルが席を譲って下車しました。次のバ...

Read More

キャンプ場には長期滞在の方が多く、自分たちのような旅の人には興味津々なようです。みなさん、定年退職されて、のんびり暮らされているという感じです。いつもテーブルを貸してくれるご主人から、温泉情報を入手しました。ドールまで行かなくても、アングストリンヌの端っこ、ドール側に温泉場があると。よく友人と水浴に行くんだ、という話に、見に行きました先日、ドールへ行くときに通った道なのですが、側溝を流れる水には硫...

Read More

プッチサルダーの高台から降り、帰りはアージュAgeという村を経由して帰ることにします。でも、道を間違えて、炎天下の道路を歩いてしまいました。このまま行くと、バルセロナまで行ってしまいそうなので、引き返します。とーちゃんは疲れたので、アージュ経由はしないことになり、別行動です。かわいいお家がありました。ザックを背負った若いカップルが歩いていました。平野から緩やかな坂を登っていくのですが、自分たちは身軽...

Read More

セルダーニュはスペインとアンドラ公国の国境に接しています。昨夏はフランスからイタリア、そしてスイスと国境を越えたので、かーちゃん的には今年もヨーロッパ3カ国を歩いて渡る旅、を夢見ていたそうです。今日は国境を渡るため、ブール=マダム Bourg-Madameまでバスに乗ります。スペインに行くには峠を越える必要はないので、膝が痛くても大丈夫です。橋を渡れば、そこはスペイン、プッチサルダー Puigcerdàです。橋を渡るとす...

Read More

今朝は小雨。昨夜から、ご近所さんらが、雨が降るから休憩室で寝たらいいよ、と心配してくれました。マトマル湖の雨を思うと、こちらの雨なんて、全然平気でした。でも、今朝は休憩室で朝ごはんにしました。流しやトイレがあり、便利です。テーブルフットもありましたが、球はありませんでした。アングストリンヌのキャンプ場のサニタリー棟は古いです。でも、整備されていて、温度調整ができるし、良かったです。ちなみに、マトマ...

Read More

バスが少ない日曜日が終わったので、遠出です。1ユーロバスでペルピニャンまで行けるので、とーちゃんは行きたいらしいですが、かーちゃんは、近間に見るところはたくさんあると反対です。だって、片道、3時間かかるんですよ。往復するには、遠いですよね。月曜なのに、キャンプ場の受付というのは一向にオープンせず、朝は掃除をする人が来るだけです。支払いのことを掃除担当の方に聞いたところ、管理人に電話してくれましたが...

Read More

ドールの次は、南下してユウルに行きます。こちらも車道なのですが、蛇行した県道なので、自動車に気をつけなければなりません。アングストリンヌ川に沿って歩くのですが、川がどんどん大きくなります。ユウルも小さな村でパン屋が一件、教会の横にカフェが一件。あと、教会の前でアプリコットを販売していました。カフェで一休みした後、日陰でピクニックできる場所を探していたら、ピクニックエリアという看板。看板から結構先で...

Read More

アングストリンヌのとなりに硫黄温泉のドールDorresがあります。ヴィルヌーヴ デ・ゼスカルド VILLENEUVE DES ESCALDESの教会を訪ねてから、車道を北上します。大きな保養施設や教会を越え、登り道です。とーちゃんは膝が痛くて、のろのろ歩きなので、30分くらいでドールに到着しました。小さなかわいらしい村です。ホテル&レストランが一件ある以外は商店らしきものは見られません。日本の温泉だったら、中心街に足湯があるよね、...

Read More

アングストリンヌの村営キャンプ場は受付に誰もいませんでした。ハイシーズンのオープン時間という表記はあるものの、人気はなく、緊急時の連絡先というのが貼られています。緊急時じゃないので、普通の電話に電話してみたら、留守電。きっと、役場の電話なのでしょう。今日は土曜なので、月曜までは誰も出ないのかと。近所の人に聞いてみたら、下の方の空いている場所に適当に設営したら良い、とのこと。明日の朝まで管理人は来な...

Read More

今日は移動日です。日曜日にはレ・ザングルでフリーマーケットがあるようですが、日曜日にはバスが一本しかないので、引っ越すなら今日か月曜。天気予報からも、まだまだ雨模様のようだし、オード湖もバルセール湖も行ったし。毎朝のことながら、7時に起床。バスまで時間があるので、撤収の前に、朝ごはんを食べて、ダムまで散歩。一直線で誰もいないので、ドッグランタイムです。一往復して戻ってくると、人出が増えていました。...

Read More

オード湖から動物公園、レ・ザングル、キャンプ場までツール・ド・カプシールというトレイルになっています。途中、骨が散乱していました…。ハゲタカの食事跡なのでしょうか??さらに、頭蓋骨も飾ってありました。マトマル湖やレ・ザングルが見えてきて、到着かと思われました。が、その後、電気柵のある放牧地帯に入り、堆肥と泥でぬかるみのひどいところを歩くことに。雨の後にはお勧めできないコースです。かーちゃんのおニュ...

Read More

今日は晴れ。健脚かーちゃんは歩きたくてしょうがないので、今日はとーちゃんと別行動。さらに、キャンプ場のマダムに、自分は近くにつないでおけばいいし、ジャグジーやっていけば、と勧められ、今夜の予約を入れちゃいました。目指すはオード湖。シャトルバスで動物公園まで行けば、往復4時間コースです。動物公園行きのバスに乗るには、レ・ザングルまでバスという手もありますが、始発の10:20を待つと、乗り換えの時間も合わせ...

Read More

バスの時間には雨も少しは小降りになりました。レ・ザングルへ戻って、今晩の買い出しです。レ・ザングルには小さなスーパーが3軒、パン屋、肉屋と商店は充実しています。スーパーの前で、雨宿りするハイカーの若いカップルに会いました。男性の方が釣り好きだということで、ツール・ド・カプシールを釣りをしながら一周してきたらしいです。最後は大雨の中、大変な下山でしたね。カタローニュ名物を販売するお店で、ワインのリッ...

Read More

今朝は雨です。シャトルバスをマスターしたかーちゃんのアイディアで、とりあえずレ・ザングルへ行きます。便利なのですが、キャンプ場の始発が10:20と遅いのがちょっと残念です。村役場の前で降ります。木彫りが盛んなようで、動物の大きな木彫りが村役場に飾ってあります。村役場の南側は旧市街で教会があり、可愛らしい古い街並みです。マトマル湖を見下ろすと、雲が降りてきています。バルセール湖へのシャトルバスに乗ります...

Read More

バスに揺られ、ラトゥール=ドゥ=カロル・アンヴァイツグ駅からヴォーバンの防衛施設のモン・ルイへ。バスは村々を経由しながらモン・ルイへ向かいます。ピレネー=オリアンタル県のバスは一律一ユーロで、チケットは2時間有効です。一週間有効の8ユーロのチケットがあると書いてありますが、運転手さんに聞いたら、バスの中では買えないと。モン・ルイへ2008年にUNESCO世界遺産に登録された要塞が見所なのですが、小さいコミュー...

Read More

7月も終わりとなると、夏休みのピークが始まります。今年は海、山?と思ったら、海に近い山にお出かけです。オステルリッツ駅から夜行列車に乗ります。フランスの夜行列車はリクライニングシートと寝台があり、一等車もあります。行きはリクライニングシートでしたが、ガラガラでしたが、停車駅が結構あったので、混み合う可能性もあるかと、指定の座席に座りました。普通の座席と異なるのは、テーブルがなく、背もたれが倒れるこ...

Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。