上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝からお弁当を持ってお出かけだと、かーちゃんが弁当の買い物(といっても、パンとハムとチーズ)をしていましたが、とーちゃんが体調がすぐれないということで、予定変更です。
急遽、かーちゃんがアレンジした午後からプランで、ソロでお出かけとなりました。
月曜日に行ったモーより2駅先のラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarreまで電車に乗りました。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

パリ近郊P線の電車はなんですかね、なんか緊張するんですよね。車輪の具合でしょうか。
マルヌ川沿いを走るのですが、川はくねくねと蛇行しているので、電車で何度も橋を渡ります。大きい川です。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

今日の目的地のノートルダム・ド・ジュアル修道院があるジュアルまでは、駅前から40番のバスが出ています。電車に合わせて出発するようで、電車では先頭から2両目に乗車して、バスに乗り遅れないように、と修道院のサイトで案内しています。
が、自分たちは、勿論、バスには乗りません。歩きます。

サンテティエンヌ・サンデニ教会 ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

ラ・フェルテ=スー=ジュアルは人口1万人弱の町です。
駅前の道を進むとサンテティエンヌ・サンデニ教会の屋根が左手に見えてきます。
そして教会の向かえには市庁舎があります。

市庁舎 ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

市庁舎の前に町の観光パネルがあります。19世紀まで世界的に石臼の産地として有名だったそうで、石臼コースだそうです。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

市庁舎の前の通りが商店が並ぶメインストリートで八百屋、パン屋、カフェ、スーパーもあります。通りは、マルヌ川を渡ります。

マルヌ川 ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

かーちゃんがトレイルがわからずにウロウロしてると、石臼記念碑発見です!

石臼 ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

トレイルはメインストリートの突き当たりでした。草むらを登っていきます。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

パリからちょっとお出かけすると、自然がいっぱいですね〜。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

森林浴です。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

自然がいっぱいですが、大きいお庭の民家の脇を歩くことも多いので、番犬くんに吠えられます。きっと、退屈していたでしょうから、彼にとっての今日のイベントになったことでしょう。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

こういう、オルティ(イラクサ)が茂った通りはチクチクするので苦手ですね。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアルには十字架がありました。
そして、プティ・モラン川を渡ります。

Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル 
19世紀にパリへ水を供給するために作られた地下の水道橋、デュイズ水路 Aqueduc de la Dhuisがこの辺りを通っています。

デュイズ水路 Aqueduc de la Dhuis Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル

水路は車の進入禁止になっています。

Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル

トレイルマークが道路に書かれています。でも、VTT(マウンテンバイク)となっているので、ちょっと不安になります。

Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル

トウモロコシ畑に出たところで、かーちゃんの不安は益々、大きくなってきました。もう結構歩いたのに、まだ到着しないので、トレイルがあってるのかな〜と。今日は急遽アレンジなので、本日のルート地図はありません。他のトレイル地図にサインペンでメモしたものだけです。現在地を確認するために、さっきの町の看板まで戻ります。

Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル

デュイズ水路の手前で見たクルセル=スー=ジュアルから出ますよ、という看板。町の名前を確認するだけだったら、戻らなくても、さっき撮った写真をデジカメで確認すればよかった、と戻ってから気がつくかーちゃん。全然、ハイテクではありません。
 Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル

また、さっきの道を進むので、かーちゃん、今度は大丈夫ですか、とかーちゃんに念押しして確認します。結構、自信ありそうなので、大丈夫なのでしょう。大丈夫だったら、少し体力使って、走っちゃっても、大丈夫かな〜。

Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル

牛たちが遠方に見えます。

Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル

馬もいます。自分の顔(かーちゃんの顔?)を見たら、やっぱり、退屈してるのか、寄ってきたので、早々退散します。
コンポルテ水車 Moulin de Comportéという農場のようです。

コンポルテ水車 Moulin de Comporté Courcelles sous jouarre クルセル=スー=ジュアル

ここからまた、坂道を登ります。かーちゃん的にはもうとっくに到着していていいはずということで、すれ違った男性2人組にジュアルはもうすぐですか、と聞いてみます。ここから、まだ、まっすぐにずっと登るよ、と言われましたが、あっという間に登っちゃいました。でも、道が分かれ、左に曲がるように指示が出ており、まっすぐと言われたので、かーちゃんは1分迷います…。もう目の前なので、大したロスもでないだろうと、まっすぐ行ってみることにします。

ジュアル Jouarre

大丈夫だったようで、トレイル指示がまたあり、ここから450m先を左折とあります。
道路に出る前の前で、デュイズ水路があったので、これかな、と進みますが、どうやら違うようです。

ジュアル Jouarre

プルーンがたくさんなっています。まだ、熟していない感じです。2週間後くらいが食べ頃かもしれません。
とりあえず、デュイズ水路は戻り、どうにかジュアルに到着しました。たくさん間違えたので、2時間かかりました。次回は1時間半で来れるでしょう。

サン=ピエール・サン=ポール教会 église Saint-Pierre-et-Saint-Paul ジュアル Jouarre

ジュアル Jouarreにはサン=ピエール・サン=ポール教会 église Saint-Pierre-et-Saint-Paul があります。

ノートルダム・ド・ジュアル修道院 Abbaye Notre-Dame de Jouarre ジュアル Jouarre

そしてノートルダム・ド・ジュアル修道、中には修道院ブティックもあります。小さな庭園には犬禁止マークはなかったので、お花を見ながら休憩します。

ジュアル Jouarre

今日はソロなので、かーちゃんも中に入れませんので、次回、とーちゃんと来た時までのお楽しみですね。

ジュアル Jouarre

地下聖堂もあり、見所は結構あるようです。それから、町にはブリチーズBrieの熟成過程も見学できるチーズ屋さん・ガノFromagerie Ganotもあります。歩きたくない人も、バス40番で来れるので、パリから日帰りの旅にオススメです。
町にはカフェ、食料品店もあり、かーちゃんはジュースを購入。バス停でバスの時間を見たら、一時間後とあったので、一時間あれば帰れるのでは、とジュースを飲みながら、また歩き出します。

ジュアル Jouarre

PRトレイルマークを発見し、粗大ごみ捨て場の前を通り、畑の前に立つ十字架に遭遇します。左右とも、道にバッテンが見えたので、炎天下の畑を進んでみます。

ジュアル Jouarre

かーちゃんは時々地図とにらめっこしながら、畑を引き返したり、道路を歩いたり、しながら、どうにかトレイルマークのあるデュイズ水路に出ました。

デュイズ水路 Aqueduc de la Dhuis ジュアル Jouarre

PRトレイルマークだ、と喜んで進むと、見たことある景色に。そして、見たことある馬。

コンポルテ水車 Moulin de Comporté ジュアル Jouarre

え、コンポルテ水車です。一時間ちょっと歩いて、ジュアルの下に戻ってきちゃったんですか。ここから、また一時間半ですか!?
かーちゃん、地図とにらめっこ。
戻らないで、反対に進むという決断。
コンポルテ水車はプティ・モラン川沿いの農場で、馬や羊が広大な土地でのびのびしています。

コンポルテ水車 Moulin de Comporté ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

実は川を少し下って、橋を渡ると、ラ・フェルテ=スー=ジュアルはすぐでした。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

そもそもハイキングトレイルとは遠回りして綺麗な景色や自然溢れる道、観光スポットを訪ねるもので、目的地に最短距離で達するものではないんですね。橋の脇にトレイルマークを発見し、かーちゃんは反対方向に行きたい気持ちに心が揺らいでいましたが、もう19時近いので、ぐっとこらえて、道路を歩いて帰りました、

もう、お水も残り少ないし、水飲み場が全然なかったので、ラ・フェルテ=スー=ジュアルで飲み物を買いたかったのですが、大きいスーパーには入りませんし、ドリンクを買えそうな店が見つかりませんでした…。カフェに入る時間もないので、しぶしび駅へ。駅前にも何もなく、駅の自販機でジュースを買おうと思ったら、お札が使えないとのこと。窓口で、両替してもらえませんか、とお願いしたけど、お断りされます。かーちゃんが、両替するには中心街まで行かなくちゃいけないのよね、お店はないわよね、と聞いていると、ドリンクが買いたいの、と窓口のお姉さん。両替はできないけど、お水ならあるわよ、と小さいミネラルウォーターのボトルを2本くれました。世の中親切な人もいるものです。余りに自分たちが哀れに見えたのか、ミニピンファンだったのか。

ラ・フェルテ=スー=ジュアル la Ferté Sous Jouarre

というわけで、水分補給もでき、電車にも無事に乗れて、おうちへ帰ることができました。今日はハラハラドキドキの冒険でした。
ちなみに、ドキドキしないでジュアルまで行きたい方は、フェルテ地域の観光情報の散策案内をごらんください。
Un monastère au pays des mains bleuesというタイトルで、今日、かーちゃんが目指していたトレイルが書かれています。

ジュアル ハイキング地図 Un monastère au pays des mains bleues


フェルテ地域の観光情報 Tourisme en Pays fertois
http://tourismepaysfertois.fr/


ノートルダム・ド・ジュアル修道院 Abbaye Notre-Dame de Jouarre
http://www.abbayejouarre.org/
関連記事

Comment

  • 2016/08/13 (Sat) 20:30
  • たくあん #- - URL
  • Edit
Re: No title

ちゃんとした地図はなかったので、スリルある冒険だったのでした。
オススメですので、是非、行って見てくださいね〜。

  • 2016/08/13 (Sat) 14:28
  • tomwey #LIhpCgdI - URL
  • Edit
No title

ちゃんと地図も見ながら歩いているはずなのに、なぜか一回は間違えてしまうよね、初めて行く散歩道は!
それにしても、水がゲットできないピンチもありましたが、いい人もいて良かったですね!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。